iWork購入を検討してみる

AppleのiWork(日本語版)購入を検討してみた。

基本的にビジネス文書を作成する機会がない。
ということでそういった系統のソフトウェアを持っていない。
AppleWorks6は持っているが、どうも使う気にはならない。

で、Tigerにくっついてきたpages(iWork)のお試し版を使ってみた。
お題はWebアプリケーションの仕様書。

段落スタイルの設定が分かり易い。
インデックスの作成ができる。
見出し、リスト、本文を簡単に作れる。
インデントも簡単にできる。
PDFへの書き出しも当然できる。
基本は押さえているようだ。

文書作成ソフトではWordが一番有名で利用者も多いと思う。
おそらく機能や生産性も一級品なのだろう。
それでもWord(Office)の購入には腰が引けてしまう。
Microsoftとは最低限のおつきあいでいきたい。

職場でWordを使う様になってくればOffice購入を考えるべきか。
NeoOfficeJである程度は代用できる。
とりあえず、iWorkできまりか。

試用期限が切れる9日後、急ぎじゃないしその頃に決断しよう。

==

iWork(日本語版)
iWork(日本語版)
posted with amazlet at 05.05.22
アップルコンピュータ (2005/01/29)
売り上げランキング: 410
通常24時間以内に発送
おすすめ度の平均: 4.6
5 パワーポイント書き出しで差をつけろ!!
5 keynoteで時間を守ったプレゼンを
4 表現力アップした keynoteと、これから期待のpages

プロフィール

このブログ記事について

このページは、koshigoeが2005年5月22日 00:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「iPod shuffleについて考えてみる」です。

次のブログ記事は「読書で過ごす休日」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。