MTタグを使ってみる

記事もそれなりにたまってきたのでMTタグを利用してみる。

MTを利用し続けることを決意した際に、『Movable Type公式タグリファレンス』という書籍を購入した。
が、MTで何ができるのかすら理解していなかったため、積極的にMTタグを利用する機械がなかった。

で、記事が増えるにつれてカテゴリーも増えてきた。
となると、カテゴリーごとの記事件数を知りたくなる。
そこで、MTタグを利用するチャンスがやってきた。

<$MTCategoryCount$>というタグでそれぞれのカテゴリについて含有する記事件数を表示できる。

ついでに、検索結果のヒット件数も表示する様にしてみた。
search_templatesディレクトリにあるdefault.tmplにて、<$MTSearchResultCount$>というタグを挿入すればヒット件数を表示できる。

上記を利用する際には、基本的なことだがコンテナタグ内で記述する必要がある。
前者は<MTCategories>〜</MTCategories>
後者は<MTSearchResults>〜</MTSearchResults>

見た目にはこだわっていないためなかなか利用する機会に恵まれない。
もっとアグレッシブ(?)な姿勢でいくべきなのだろうが、なかなかむずかしい。

いい加減、Amazon頼みの記事を控えなくてはいけないな、、、。

==

Movable Type公式タグリファレンス
山本 浩司 シックス・アパート株式会社
RBB Press (2005/04)
売り上げランキング: 1,843
通常24時間以内に発送
おすすめ度の平均: 4.5
4 便利な1冊だが……
5 これですよ、欲しかったのは!

プロフィール

このブログ記事について

このページは、koshigoeが2005年5月22日 21:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「読書で過ごす休日」です。

次のブログ記事は「なんでもRSSを触ってみる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。