ツール開発過程その2

引き続き、ツール開発過程をメモ。

AWS(REST)の応答(XML)からRSS2.0形式のXMLを生成。

PerlのXML::LibXMLモジュールを利用してパース(finenode/find利用)。
RSS2.0の仕様に従い、スクリプトにフォーマットを埋め込んでRSSを出力。

あとは、Flashインターフェースの構築。
スクリプト呼び出し(RSS切り替え)。
ほか、いろいろ。

Flashはまだまだ仕様が詰め切れていないので、時間がかかりそう。

プロフィール

このブログ記事について

このページは、koshigoeが2005年5月27日 23:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ツールの開発過程」です。

次のブログ記事は「ツール開発過程その3」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。