ツール開発過程その3

ひとまず、Flashインターフェースの大枠での仕様をメモ。

Amazonからの検索結果をFlashインターフェースで処理する。

外観として、順位を表すしおりを用意し、それをボタンとして該当アイテムにアクセス。

まだ決まっていないのが、自由検索か固定キーワドによる結果を得るか。
検索結果を加工して表示するよりは、任意のアイテム群を表示するほうがよさそう。
目的の優先度的は、検索よりもアイテム群をまとめて表示することが高い。

書いているうちにまとまったようだ。
キーワードやカテゴリは環境設定で設定できるようにするか。

プロフィール

このブログ記事について

このページは、koshigoeが2005年5月28日 22:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ツール開発過程その2」です。

次のブログ記事は「K-1、、、いや角田」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。