天気予報をRSSで取得

せっかくなので、天気予報をRSSで取得してみる。

人様のRSSを読み込むので、キャッシュするCGIをラッパーにする。
更新時刻をみてある程度時間が経ったらキャッシュを更新。
Gookenbo.net、あとrssWeather.comというところのRSSを利用。

これもまた人様の作ったサンプルJavaScriptで表示させる(JavaScriptでRSS解析)。
XMLHttpRequestからリクエスト可能な範囲は、同一ドメイン内ということらしい。
一度キャッシュする方法にしたのは正解だった。

細々と気にしなくてはならないところが確認できたことが一番の成果かな。
リーダーとか使うときには巡回間隔をよく考えないと、とか反省。

プロフィール

このブログ記事について

このページは、koshigoeが2005年5月15日 03:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「PerlでRSS生成」です。

次のブログ記事は「Perlモジュール確認」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。