なんでもRSSを触ってみる

東京工業大学奥村研究室が提供する『なんでもRSS』を触ってみた。

まず、大学の研究室がブログや日記系サイトに注目していることに少々驚いた。

なんでもRSSだけではなく、blogWatcherというツールも公開している。
blogWatcherは日記系サイトもブログであると見なして監視してくれるツールのようだ。
RSSを提供していないサイトであっても、定型的な(連続した)構造をしていれば更新情報などを簡単に取得できる様になる。

で、本筋に戻るがなんでもRSSで当サイトのRSSを生成してみた。
なんでもRSSで生成されるフィード形式は、Atom/RSS1.0/RSS2.0/既存フィードということらしい。
問題なく生成され、出力もきれいにまとまっていて見易い。
まあ、取得元が完全なブログなのだから生成されて当然な訳だが。

なんでもRSSの取得基準は、時系列データと連続する定型パターンのようだ。
基本としてblogWatcherの技術を流用している模様。
つまり、はじめから整理整頓されたサイトであればこの恩恵にあずかることができるということだ。

プロフィール

このブログ記事について

このページは、koshigoeが2005年5月23日 22:12に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「MTタグを使ってみる」です。

次のブログ記事は「RSS生成サービスについて考えてみる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。