Ajax討論

| コメント(1)

Ajaxについてちょっと気になることがあったのでメモ。

Ajax自体に関することではない。

Ajaxの本質、「非同期メッセージ型ウェブ・アプリケーション」のススメという記事に対して、 Ajaxの「本質」?という記事で反論してた。

少々理解が追いついてないところはあるが、Ajaxについて勉強になった。
Ajaxについては言葉とか多少の実例を聞きかじった程度。

で、なんと言うか実際どうなんですか?と聞きたくてしょうがない。
自分で考えて答えを見つけるべきなんだろうけど、もうひとフォロー欲しくなる。

反論記事側でトラックバックしてなかったせいか、元記事側からの反応は見られない。
まあ、ブログ記事に対して徹底的に真偽を追求する必要はないだろう。
ただ、トラックバック元にはコメントしているところを見ると残念な気がしてしょうがない。

結局、Ajaxにこだわるか、非同期メッセージ型ウェブ・アプリケーションにこだわるかということ?
「本質」という部分に注目すれば「Ajaxはどういう手法で何を実現するか」みたく言えると思う。
そうすると、JavaScriptありきのAjaxっていうのはどうでもいい気もする。
僕が期待するのは、「画面遷移なしのウェブ・アプリケーション」を作ることだし。
利用言語は開発者の好みに任せたらいいような気もする。
まあ、最低限の環境で実現させるとなるとJavaScriptが最適なんでしょう。

なんだかますます解らなくなってきた。
とりあえず、外部記憶:Ajaxで紹介されているのを参考に勉強してこう。

コメント(1)

TBありがとうございます。先方にコメントを書こうと思ったのですが、permalink が壊れていてできませんでした。しかし、あまりにも攻撃的なので、少し引いてしまいますね。いろいろな意見を交換するのは良いことですが、もっと楽しくしたいですね。

>結局、Ajaxにこだわるか、非同期メッセージ型ウェブ・アプリケーションにこだわるかということ?「本質」という部分に注目すれば「Ajaxはどういう手法で何を実現するか」みたく言えると思う。

おっしゃる通りですね。人それぞれこだわる部分は異なるのは当然なので、自分でどこにこだわるのかをはっきりさせてとりかかれば良いと思います。私は、「まず本質の部分を理解して、次に道具としてどのテクノロジーを使うかを選ぶ」タイプなのであの文章を書きました。当然、「面白そうだからとりあえずAjaxアプリを作ろう」という人もいれば、「Ajax という言葉がはやっているから、うちの会社の商品にも Ajax というかんむりをつけてマーケティングに役に立てよう」もいます。

私自身も、現段階でのテクノロジーの選択しとしては、HTML+Javascript+XML というのは多くの場合で正しいと思っていますが、それはプログラミング・モデルの話ではなくて、単に手段の話です。

プロフィール

このブログ記事について

このページは、koshigoeが2005年6月 8日 20:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「JMeterのパフォーマンス問題〜解決編」です。

次のブログ記事は「ドイツ行き決定!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。