JMeterとSSL

JMeterとSSLとの関係についてメモ。

JMeterはSSL通信をサポートしている。

JMeterからhttpsでテスト対象にアクセスする際に証明書が問題になる。
テストサーバ用の証明書を、信頼できる機関に発行してもらうことはまずない。
その場合、JMete用にPKCS12ファイルを用意する必要がある。
用意されたPKCS12ファイルをSSLマネージャから読み込むことで、JMeterはSSL通信を行える様になる。

PKCS12を使用してテストをしているが、どうも処理が異常なほどに重くなる。
CPUを常に100%使用してしまう。
今更ながらに、JMeterが重い訳ではなくSSL周りのパッケージが原因だということに気がついた。

マニュアルを参考に色々いじってみないと。

プロフィール

このブログ記事について

このページは、koshigoeが2005年6月 2日 20:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ツール開発過程その4」です。

次のブログ記事は「ツール開発見本その1」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。