MacにIntel〜結局

AppleがPowerPCからIntel系チップに乗り換えることは決定事項らしい。

2年以内にPowerPCからIntel製プロセッサに完全に切り替わるらしい。

驚いたのは、OSXの開発が始まった頃からIntel製プロセッサ搭載マシンで動作させる様にしていたということ。
それならPowerPCをそこまで推すなよ、ジョブズさん。

切り替えを決定した最大の要因は、G5の開発ロードマップにあった模様。
3GHz問題とか電力問題とか、実現は不可能(現実的でない)だと判断したのかな。

アプリケーションに関しては、XCodeベースのものは変更も割と簡単らしい。
ただ、初期のCocoaアプリとかは面倒なことになる様子。
開発がストップしているフリーソフトとか大問題だ。
エミュレータ上で(Classicみたく)動かすことはできるようだけど、どうなのか。
Classicアプリは完全に動かなくなるようだし。
学割で買ったPhotoShop6とかはもう駄目ということか。
FlashはAdobeとMacromediaの問題もあるからどうせ買い替えることになるけど。
2年は待たなきゃいけないってことか。
G5の安売りに期待してこのままMac on PowerPCを貫こうかな。

なんだか、IBMとかも開発リソースが空いてちょうどいいみたいなこと言ってるらしいし。
最初からやる気なかったんじゃん。
ノート向きじゃないプロセッサで満足してるはずだよ。
Appleがデスクトップとノートブックとで使い回すことは解りきったことじゃないか。
今後はゲーム機とか車載コンピュータとかに注力するらしい。

正直、最大のネックはWinウィルスがどこまで関係してくるかだと思う。
シェアの低さ故の安心感がなくなるのはかなりいたい。
危機感のない考え方だけど、これは結構多くの人が持ってると思う。
プロセッサがどこまで影響してくるのかは解らないけど、どうも警戒してしまう。

まあ、悪いことばかりじゃない。
Intel製プロセッサを搭載するとなればMacの価格はかなり下がるだろうし。
下がらなかった場合、Mac離れは相当数に上ると思う。
完全に別物だって言うある種のブランド意識がハードウェアの高価さを許してた部分があるだけに。

切り替わった後を考えれば、アプリケーションの対応もだいぶ違ってくるだろう。
完全に別物のアーキテクチャへの対応よりは易しくなるわけだから(多分)。
ゲームとかもこのうちなのかな?
オンラインゲームとかMacはあまり聞かないけど、OS依存よりはアーキテクチャ依存の方が高そう(実際は?)。
Win系アプリ開発者がMacアプリにも関わってくれると嬉しいことになりそう。

結論は、Appleからすれば当然の選択なんだろうけど、どうもいまいち納得できない、ということ。

参考:
S・ジョブズ、認める--アップルのインテルチップ採用が確定(CNET Japan)
AppleがIntelプロセッサ採用を発表(スラッシュドット ジャパン)

プロフィール

このブログ記事について

このページは、koshigoeが2005年6月 7日 21:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「IT用語を勉強〜その1」です。

次のブログ記事は「読書を続けていく」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。