RSSの注意点をメモ

RSSを提供する上で気をつけたらいいことあるよってこと。

RSSリーダーで完結するユーザが増えていることを考えると、概要でなく全文を掲載した方がいいときがある。
当然、全文を含めれば転送量が問題になってくる。
そこで、サーバのGZip圧縮を利用するといいことありそう。

ユーザによっては数分間隔でRSSを取得しようとする。
このとき、毎回無条件に提供していてはリソースの無駄遣いになる。
HTTPリクエストのETagなどを利用し、更新時間などで条件付き取得をさせるといいことありそう。

多くのRSSリーダーは構文を厳密にチェックする。
そこで、フィード検証ツール(feedvalidator)などを利用しておくといいことありそう。

プロフィール

このブログ記事について

このページは、koshigoeが2005年6月13日 20:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「オブジェクト指向フェア?」です。

次のブログ記事は「K-1ジャパンGP 広島大会」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。