マイクロソフトとRSS

マイクロソフトがRSSの仕様拡張に関わるらしい。

CNet Japanの記事マイクロソフト、RSSの機能を強化--順番付きリストをサポート

RSSはリストデータを扱うのに適している。
これは今更確認するまでもないことだと思う。
ただ、現仕様ではソートなどの操作に日付情報や見出しなど、ありものしか使えない。
リスト操作用のデータを仕様拡張で実装しようというのがマイクロソフトの狙いらしい。

マイクロソフトがわざわざ手を挙げる事態になっていることに驚いた。
確かになぜか順位付けデータは仕様に含まれていない。
元々ニュースなどの記事をまとめて配信するために生まれたため、それほど重要ではないと考えられていたのだろう。
ポッドキャストなど、RSSは多くの場面で利用される様になっている。
そういった現状を顧みれば順位付けデータなど、リスト操作を補助するデータを仕様に含めることは必要なことだと思う。

そいうえば、CNet Japanの記事ではRSSが2.0の方で訳されていたがどうなんだろう。
概念としてRSS全仕様やAtomなどフィードフォーマット全般に含めるべきだと思う。

プロフィール

このブログ記事について

このページは、koshigoeが2005年6月25日 01:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「JMeterで勘違いに気づく」です。

次のブログ記事は「トラックパッドの挙動」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。