CategoryCloudをJSで出力

Ajaxじゃないけど、XMLHttpRequest関係という事で。

現状ではインデックスページを再構築しないと最新の状態にならない。
これは、MTプラグインで実現しているせいかやり方が悪いかのどちらかだと思う。

で、いちいち再構築するのも面倒だし、サーバに負担をかけるのもなんか嫌。
というわけで、XMLHttpRequestでXMLを拾って表示させればいいかなと。

結果から言うと失敗。
まず、xmlHttpRequestが一部のブラウザにしか対応していない。
大抵の場合新しいブラウザを利用しているだろうから、これはまあいい。
このブログも新しいブラウザがターゲットになっているし。
あとは、CSSで重み付けを表現している関係上、読み込みのタイミングで差が出る。
Firefoxは問題ないんだけど、Safariはフォントサイズが反映されなかった。

もう少しブラッシュアップが必要かな。
やっつけで作ったから、現時点で使えるかどうかは判断できない。
とりあえず、テスト版として公開はしておく。

category-cloudテスト版

CPANのHTML::TagCloudをJavascriptに移植(?)してみたけど、いまいち。
JSのクラスは初めてなので、相当いい加減なつくり。
まあ、それなりのHTMLは生成できていると思う。
同一条件であれば、改変自由ってことだけどPerl限定?
どうやって条件をソースに書き込んだらいいんだ?
英語できないし、どうしよう。

JS版TagCloud - TagCloud.js


関連記事:PerlでHTML::TagCloud

プロフィール

このブログ記事について

このページは、koshigoeが2005年7月14日 00:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Gmailの紹介メール」です。

次のブログ記事は「ネタ切れぎみ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。