OSXとSubversion

OSXでSubversionを使ってみる。
CVSのGUIクライアントがいまいちよく解らないので、Subversionを使ってみる。

SVN:Subversion pkg for OSX
SVN Client:svnX

まず、SubversionのOSX用PKGをダウンロードしてインストール。
その後、SubversionのGUIクライアントsvnXをダウンロードしてインストール。

以下、ローカルマシン上で作業

レポジトリをホームディレクトリに作成
#svnadmin create ~/レポジトリ名

設定ファイルを編集
レポジトリ/conf/svnserve.confを適当なテキストエディタで開き、以下を編集
[general]
anon-access = none
auth-access = write
password-db = レポジトリの絶対パス/conf/svnusers.conf

レポジトリ/conf/svnusers.confを適当なテキストエディタで新規作成し、以下を記述
[users]
ユーザ名 = パスワード

デーモンでSVN Serverを起動
#svnserve -d -r ${HOME}/レポジトリ名

コマンドラインからモジュールをインポート
#svn import インポート元パス インポート先URL
※インポート先URLは、ローカルの場合、"file://${HOME}/レポジトリ/モジュール名"のようにする。

svnXを起動
"Repository"ウィンドウから、以下を設定した後に接続
 [Name]モジュール名
 [Path]svn://ホスト
 [User]ユーザ名
 [Pass]パスワード
モジュールウィンドウが立ち上がり、レポジトリ上のモジュールに対して操作可能
"svn checkout"を選択すると任意のディレクトリにモジュールをコピーできる。

"Working Coies"ウィンドウから、以下を設定した後に接続
 [Name]モジュール名
 [Path]ワークディレクトリのパス
 [User]ユーザ名
 [Pass]パスワード
ワークコピー作業ウィンドウが立ち上がり、ワークコピーに対する操作ができる。

参考:
svn/初期設定 - SE memo?
Subversion install


xinetdからsvnserveを起動しようと思ったら"Permission denined"で拒否される。
管理者権限が必要だと思ってsudoとsuで試してみたけど、どちらも同様のメッセージが出る。
chkconfigが見当たらなかったからこれをスルーしたんだけど、やっぱり登録しないと実行できないってこと?
、、、OSXのchkconfigはどこ?finkで入れられるかと期待してもないし。

PukiAries - Krb5OSXにOSXでのxinetdを利用したサービスの起動方法が書かれていた。
#/sbin/service サービス名 start|stop|restart
上記コマンドでサービスを制御できるらしい。

xinetdの設定

/etc/servicesを適当なテキストエディタで開き、以下を追加
svnserve 3690/tcp #Subversion
svnserve 3690/udp #Subversion

/etc/xinetd.d/svnserveを適当なテキストエディタで新規作成し、以下を記述
service svnserve
{
    disable = no
    socket_type = stream
    protocol = tcp
    wait = no
    user = root
    server = /usr/local/bin/svnserve
    server_args = -i -r レポジトリまでの絶対パス
}

さあ、しっかりと管理していこう。
プロフィール

このブログ記事について

このページは、koshigoeが2005年7月 1日 23:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ツールを利用してAPIを生成する」です。

次のブログ記事は「FlickrのAPIを使ってみる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。