WebServerXKit

WebServerXKitで簡単セットアップ。

インストーラを実行するだけで、全て実行できる状態になる。

パッケージ内容は以下の通り。
v1.0 Std
  • Apache 2.0.53
  • MySQL 4.1.12
  • PHP 5.0.4
  • PhpMyAdmin 2.6.3
  • LibGD 2.0.33
  • JPGraph 2.0b

PHPのconfigureは以下の通り。

'./configure' '--prefix=/usr/local/php5' '--with-zlib-dir=/usr/local' '--with-xml' '--with-apxs2=/usr/local/apache2/bin/apxs' '--with-mysql=/usr/local/mysql' '--with-gd=/usr/local/' '--with-jpeg-dir=/usr/local/' '--with-png-dir=/usr/local' '--with-freetype-dir=/usr/local'

mbstringが有効になっていないらしい。

システム環境設定のパネルからApache2とMySQL4の設定ができる。
Apache2
  • 自動起動設定
  • ログモニタ
  • 起動
  • 再起動
  • 終了
  • httpd.conf編集
  • htdocsディレクトリのオープン
MySQL4
  • 自動起動設定
  • 起動
  • 再起動
  • 終了
  • rootパスワード設定
  • バックアップ作成
プロフィール

このブログ記事について

このページは、koshigoeが2005年7月10日 13:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Perlでの設計方針」です。

次のブログ記事は「WebServerXKitのPHP5でmbstring」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。