RSSとwidget

RSS(XML Feed)形式でメタデータを提供して、widgetで利用する。

RSSを利用して商品データを提供する場合、受け皿にwidgetを利用するのは有用かなと思う。

widgetは基本的にウェブテクノロジが分かれば作る事ができる。
開発の敷居は比較的低いという印象がある。

コンテンツを保有する企業にRSS配信を提案する際、受け皿を一緒に提案する事は大きな利点になる。
で、この受け皿(アプリケーション)を素早く開発していくのに、widget形式はいいんじゃないかなと。
OSXであればDashboardがあるし、Konfabulatorが無料になった事でwidget利用者は増えていくと思う。
メモリ使用量が気になるけど、今後の改善に期待したい。

widgetはブラウザ(プラットホーム)の違いを気にする必要がない(?)ため、スクリプトパワーをフルで利用できる。
この辺は、JAVAの利点に近い感じかな。
強力なアプリケーションを考えるとスクリプト言語は微妙かもしれないけど、多分それほど気にする必要は無いと思う。

これでますますJSを勉強する必要性が出てきたかな。
そろそろ、本腰入れていかないと。

プロフィール

このブログ記事について

このページは、koshigoeが2005年8月 2日 23:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Radio ZZZ - 吉本ポッドキャスティング」です。

次のブログ記事は「ウェブとデスクトップ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。