楽天の清原獲得への動きに思ったりすること

楽天に清原は必要なんだろうか?

個人的に、清原は楽天に行ってほしくない。
楽天がすべき事は、長期的にチームを育てていく事だと思うし。
どこぞから活きのいいピチピチな大砲を連れてくるなり掘り出すなりした方がいい気がする。
それこそ、東北出身者とかね。

楽天というかオーナーは何を考えてチーム運営をしているんだろう。
ヴィッセルとか見る限りでは、広告媒体としての位置づけが色強く見える
「とりあえず人気みたいだし、イルハン君ていう子連れて来てよ」みたいな。
カズだって調子良かったのにクビだし、清原がそうならないなんて言えない。

監督にしてもそうで、田尾さんはそんなに悪い監督なのかな?
1年で答えを出せるような感じじゃなかった気がするけど。
チームはよちよち歩きの赤ん坊なんだし、辛抱強く見守ってあげたらいい気がする。
ノムさんを後任にするつもりらしいから、「育てる」ことに異存はないと思うんだけど。
優勝経験監督だからって理由だとは思いたくない。
若い物同士が四苦八苦しながら闘って、それを暖かく見守り続ける地元ファン。
そんな構図が好きな自分としては、とても残念。

企業が持ってる以上、チーム自体の収益と同時に企業への収益が必要なのは当然だと思う。
けど、そういう流れで来たからプロ野球界は大変な事になったんでしょう。
それで、新しく来たところがおんなじ感じってのはいかがなものか。
お金儲けを最優先に考えてるところが球団持つとそうなるって事かな。
企業としてそれは正解なんだけど、プロスポーツでは夢とか気持ちってもんを最優先にしてほしい。
それで破産しちゃ意味は無いんだけど、表に出てくるのはそうであってほしい。
難しい問題だ。

野球を愛しチーム状況に一喜一憂する愛すべきお茶目な足長おじさん。
どっかに転がってないかなぁ。

プロフィール

このブログ記事について

このページは、koshigoeが2005年10月 2日 14:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「清原自由契約」です。

次のブログ記事は「FeedburnerのStatsTracker」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。