TechnoratiのURL検索の重さ

Yahoo! Site Explorerを使って、ちょっと気になったのでTechnoratiでURL検索してみた。

キーワード検索はすぐ結果が出る。
なのに、URL検索だと忙しいとかで断られるのは何故?
土曜の夜は居留守を決め込むってこと?

これも、公開APIとかの影響なのかな。
なんなんだろ。
まあ、気にするほどのリンクなんて無いからいいんだけど。

あれかな、APIを公開するときにはサーバのリソースとかをよく考えてやれって事かな。
折角の有益なツールも使えないんじゃ評判落とすだけだし。
迅速な開発、快適な利用環境。
こういうのはマネージメントとかディレクション(?)とかの能力が物を言うもの?

需要と供給の問題もあるのかな。
仕事上、できたてのサービスを追っかける癖がついてるけど、実際一般利用者がどれだけ必要としてるかが重要なんでしょう。
開発者とかが面白いと感じても、お金を握ってるところが共感しなけりゃしょうがない。
広告が主な収益になってるところは多いけど、そっからがんがん資金を投入できたりするのかな。
お金の流れとかも勉強しなきゃいけないのか。

日本ではBLOGを導入する企業がかなり多いという事で、SixApartではMTの開発を日本主導にするらしい。
参考:Movable Type開発は日本主導に 企業ニーズに対応
企業ニーズが高いってことは、BLOGに最適な解析ソリューション(?)もニーズが高いってことだと思う。
GoogleとかもBLOG検索を始めたわけだし。
まだ時期じゃないって事なのかな。
頑張れTechnorati。

# サーバが混雑してるだけかもしれないけどね

プロフィール

このブログ記事について

このページは、koshigoeが2005年10月 1日 23:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Yahoo! Site Explorer」です。

次のブログ記事は「清原自由契約」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。