IMAPでRSS購読

Web上のフィードをIMAPサーバに送信して、IMAP対応メーラーでフィードを購読する。
rss2imap - RSSの管理をIMAPで行うソフトウェア

以前、BloglinesからGmailにフィードをメール通知して管理しようかと試みた事がある。結局、サーバの問題だったりラベル数に限界を感じたりと断念した。IMAPでフィードを管理できるのであれば、これが実現できそう。

IMAPに詳しくはないけど、サーバ管理とグループ共有とかフィードとの親和性は高そう。帯域にも易しそうな感じがする。未読管理も上手く出来そう。慣れたメーラーを使えば、インターフェースで苦しむ事も無いかな。カテゴライズとか、全般的な『管理』もし易くなる気がする。

Bloglinesみたいなウェブサービスを使う理由は、結局環境を選ばない点につきる。フィードとかアイテムとかを、どの環境下でも状態を維持して扱える事が出来ないと意味が無い。会社で読んだアイテムを自宅でも読まないといけないとかはやってられない。クライアント型のフィードリーダーで、最近の流行とかは全く知らない。正直興味がわかない。

データ再利用を考えれば、どうしてもデータを置く場所はウェブとかサーバ上になる。でも、インターフェースとか考えると、ウェブアプリケーションよりクライアントアプリケーション(?)の方が使い勝手がいい。その辺考えると、IMAPとかいいんじゃないかなと思う。

ウェブにデータを置いたまま、『環境を選ばない』というウェブの利点を持ったままデスクトップで使うための方法を考える事も大事だな。IMAPとか枯れた(?)技術は結構いけそうな気がして来た。

プロフィール

このブログ記事について

このページは、koshigoeが2005年11月10日 21:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「くどいけど、またSBSを考える」です。

次のブログ記事は「Google Personalized Searchの日本語版」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。