フィードリング

RSS2.0の仕様書を読み返してみて、commentsで何か出来ないかなとひねり出してみる。

RSS 2.0 Specification
ちょっとしたメモ - RSSのtaxonomyモジュール
FOAF -- メタデータによる知人ネットワークの表現

RSS2.0のitem内で利用できるcomments要素をどう使おうか悩んでたりする。どうも使わずに来ている要素がこんもりしてる。cloud要素なんていまいち使いどころが分からなかったりする。フィードをXML-RPCとかに喰わせて何かをしたいときに、その命令をcloudで表現するって事なのか?フィード情報を表現する要素は使わなくてもいいとしても、その辺の自動化が期待できそうな要素は使ってみたい気がする。

で、commentsくらいなら今すぐにでも使えるんじゃないかと考えてみた。アイテムに対する関連情報のURIを定義する事が出来る。単純に考えると、フィード内で表現しづらい情報をURIで格納して、後は対応アプリケーションでどうにか表現してもらう。後は、フィードのURIを入れて、アイテムからフィードに繋げる仕組みを作るとか。

別に、comments要素に限った事じゃなくて、taxonomyとかfoafとかで考えられてる事な気はする。でも、Bloglinesとか使っててその辺の機能があるって言う話は聞かない。表に出てないだけで実際は使われてたりするのかな。ソーシャルなデータをフィードに載せる際、関連性をフィードでどう表現するかってのは結構重要な気がしてる。その辺を解決するというか考える手助けとして、しばらく追いかけてみようかなと。

taxonomyとかfoafは1年以上前からあるものだし、その辺をどう活用するかってのはググったりすれば出てきそう。個人的にSBSにこれだけ不満が出てくるほどにソーシャルアプリがひとまずの落ち着きを見せたわけだし、その辺を叩き台にして色々考えられそうな気がする。実例に当てはめて考えられる分やりやすいだろうし。

問題は、フィードを変えてみてもそれを扱うリーダーアプリケーションで対応してないから意味ないんじゃないかってこと。SBSが出すフィードに各ユーザのコメントを表すURI埋めても要素が無視されてたら意味ないし。結局、フィードの場合発信と同時に受信の体制を整えないとどうにもならない。

# Amazon商品フィード+(各商品のレビューフィード or 関連商品フィード)とか?

プロフィール

このブログ記事について

このページは、koshigoeが2005年11月11日 22:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Google Personalized Searchの日本語版」です。

次のブログ記事は「フィードにC.C.を入れる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。