フィードリーダーの立場ってもの

どうでもいい事だけど、先のエントリーでスケジューリングとか考えててふと思った事。

フィードリーダーってグループウェアとかと親和性高いね。今更だけど、MyYahooにフィードリーダーが用意された意味とかようやく分かった気がする。毎日チェックしたり、スケジューリングが関係したり、マーケティングツールみたく仕事する上で役立つツールだったりと。

仕事のプラットフォーム(?)に標準で用意されるべき感があるフィードリーダーは、他の標準機能と組み合わせて使えると凄く便利で使い易くなる気がする。サーバー機能をフルに使えたりすると更に嬉しい。もちろん見栄えとか使い勝手も重要。

フィードリーダーは、単体アプリケーション(サービス)じゃなくて機能(モジュール)として提供されるべきなのかな。パーソナライズされたポータルとかの動向に期待かな。今はモジュールとして実装されてても、結局独立機能で止まってる気がする。リーダー関係は落ち着いた感があるけどユーザー数はたいした数じゃない気がする。フィード自体の知名度とかもあるだろうけど、単独サービスがほとんどだからそこで障壁というかある種の壁を作ってるのかなとか思う。フィードリーダーに必要な機能(処理?)を洗い出してみようかな。

アグリゲートでコンテンツを増やして、フィード購読者(利用者)を増やすのもあり。フィードリーダーを今使っている枠組みに融合させる事で、新規ユーザーのストレスを軽減する事もあり(?)

いや、まあ今更というか、とりたてて書く事でもないけど、頭の整理メモ。

プロフィール

このブログ記事について

このページは、koshigoeが2005年11月23日 23:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Bloglinesでたまるアイテムをメールで保管」です。

次のブログ記事は「フィードリーダーの機能考察〜その1」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。