SBSホームレス

はてなBMに出戻ってみたけど、1日で家出。

タグが多すぎてどのタグをどれだけ使ったかが分からない。かろうじていくつかのタグが大きくなっているくらい。時間経過で色が変わるのを待つしか無いか。タグでの絞り込みが出来ない上に、MyWeb2.0での時間を保持できないからどこに何があるか分からない。

結局、はてなは使い続けないといい思いできないってことか。インポート機能が用意されていない以上、仕方が無い事なんだろう。使うタグを限定しないと駄目かな。記事に合わせてタグを考えるからいけない気がする。大枠でタグを決める様にしないと、記事の数以上にタグが出来上がって記事管理よりタグ管理にコストがかかる。

タグをつける事の意味って何なんだろう。1つのタグからしか記事を掘り起こせないなら、別にタグをつける必要はないがする。タグとかよくわからない言葉を使わないで、キーワードとかカテゴリとか使えばいい。キーワードもカテゴリも機械的な作業で自動的に作るから使えなかったのかな。それじゃ本末転倒だ。タグを使いたいから用意したんじゃなくて、タグをつける事に意味を見いだしたから用意したんだろう。

タグをつける事の効果は、自由度の高いラベリングだったり、各人による限定的なカテゴライズだったりする。一般的な分類によるカテゴライズは、ラベルが汎用的になる。より多くの分類対象を段階的に包括できる様にするにはそうするしかない。構造的な分類をする事で、直線的な探索は容易になる。ただし、複数分野にまたがるような対象の場合どれを起点にするかで不都合が起きたりする。これをタグをつけることで、構造的な分類を避ける事が出来る。直線的な探索には向かない物の、複数のラベルを自由に貼付ける事が出来るため、柔軟な分類が可能になる。

タグをつける場合、大抵複数のラベルを組み合わせて意味を作る。大中小のカテゴライズラベルだったり、複数分野でのキーワード付与だったりと、利用者の好みに合わせてつけられる。こうした利用方法が想定される以上、タグに特化した探索、マッピング手法という物が考案されてしかるべき。通常のキーワード検索だけでも、組み合わせによる効果は期待できるが、視覚的なブラウジングも期待したい。平面的なウェブコンテンツ上で表現する事は不可能かもしれないが、タグならではのブラウジングやマッピングは出来ないものか。

つまるところ、遠回しにはてなBMでの登録はしませんという事を言いたい訳だ。フィードとかentrylistとかentryとかの機能は楽しく利用させてもらうにしても、ブックマークを登録する事はもう出来ない。これまでの資産を有効に活用できない以上、ブックマーク管理はMyWeb2.0で続ける事にする。

# はてなBMにインポートした物はとりあえずテスト用データとして残す

プロフィール

このブログ記事について

このページは、koshigoeが2005年11月 4日 22:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パーソナライズなホームページ」です。

次のブログ記事は「Rojoの怪」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。