くどいけど、またSBSを考える

日頃使い続けてるサービスからか、どうにもネタに困るとSBSを考えてしまう。

とりあえず、そろそろ何かしらの変化を見せてくれ。どこも作った後は大して変わらない。データもそこそこ集まって来てるだろうし、ここらで面白いフィードバックを返してくれ。タグとか時間変化とか何でもいいから、ソーシャルである事の価値を与えて欲しい。

まさか、これでSBSっていうサービスが完成した訳じゃないと思う。未だに『タグ』ってものが曖昧なままなのに、それを取り入れているSBSが『これでよし』な訳がない。どこぞのサービスではタグが固定されてたりするし、『タグ』ってものでラベリングする意味がはっきりしない。そういう状況を打ち破る一つの方法がSBSだと思ってる。

本当にしつこいけど、SBSは『ブックマーク』のまま終わるのか?ナレッジベースとして、ソーシャルでオンラインである事の強みみたいな物を活かして、素晴らしい価値を提供してくれたりはしないのか?

ネタに困ってひねり出そうとしたけど、結局残りかすしか出てこなかった。自分で考えて自分で処理しろって言われたらそれまでのネタ。

プロフィール

このブログ記事について

このページは、koshigoeが2005年11月10日 21:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「流行ものに乗っかりすぎた」です。

次のブログ記事は「IMAPでRSS購読」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。