第八回XML開発者の日〜行って来た

| トラックバック(1)

頭がパンクしそうになって帰って来た。

RESTはWWWのアーキテクチャで、スケーラビリティを向上させるために導入するものらしい。Uniform Interfaceとかサーバー側をステートレスにするとか。あと色々。

Cool URIのURIマッピングをフレームワークに取り込む事でURI設計に制約を設ける事は重要らしい。結果的にRESTに近づくとかどうとか。AtomPPはいい感じだけど、厄介な制約とかあって、結局Basic認証+野良XMLってのも捨てがたかったり。

AtomにはAtom SyndicationとAtom Publishing Protocolがあって、RSSと比べたりされてるのは前者。RESTを実装する際に利用されてるのが後者。

WebDAVとAtomPPとの比較は階層アクセスか直接アクセス(ハイパーリンク)か位しか理解できなかった。使い易そうなのはAtomPPだしAtomフィードの制約が問題にならない場合は、とりあえずAtomPP使おう。

トラックバックが海外では(あまり)使われていないってのはびっくり。SixApartが定める仕様で、MTから実装されているらしい。海外のウェブログ状況ではMTは後発だから、先行サービスではサポートされてないとか。ウェブログはトラックバックありきってのは日本独特。
トラックバックをシンプルにREST-likeに独立したプロトコルとして実装した事で、クライアントアプリケーションが作り易くなったとかユーザーに易しくなったとか。結果、利用者(対応ウェブログ)が増えて、SPAMもついて来たと。

AJAXがRESTを駄目にするってのは言い過ぎ。AJAXでも状態に対してURIを発行する事は出来る。Web2.0を考えると、リソースとかCoDとかが変わって来てるんじゃないかと。remixingの影響で1つのURIに対して複数のリソースが紐づいたり、XMLHttpRequestの影響でクライアントが複数のコネクタを持ったりと。AJAXを活用してよりスケーラブルなRESTを実現できるかもね。

取り急ぎだけど、wikiにまとめてみた。
koshigoewiki:rest:第8回xml開発者の日 [KoshigoeWiki]

トラックバック(1)

technoratiを使ってXML開発者の日で張っていたら、koshigoewi... 続きを読む

プロフィール

このブログ記事について

このページは、koshigoeが2005年11月24日 22:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「第八回XML開発者の日〜直前」です。

次のブログ記事は「Google Desktopは乱暴者?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。