Google Feed API公開って重要か?

RSSマーケティングガイド: GoogleがFeed APIを公開予定!さようならRSSリーダー

要は、Google Readerのタグ付けされたフィードのデータベースを公開するってこと?これって重要なのかな?

Google Readerにどれだけのフィードが集まっているのか分からないけど、Bloglinesほどに集まってるのかな。現時点で、リーダーを使う様な人が好むフィードにマーケット的な価値ってあるか疑問。フィードに関しては、地道にアグリゲートなり収集なりした方が良いサービスが作れそうだけど。

ユーザデータをどこまで公開できるのかも分からない。誰がどういうフィードを読んでいるのかを完全に公開するとすれば、これは有益だろうけど問題にもなりそう。SPAMとかDMとかの被害の素にもなりそうだし。

リーダーの機能を解放するって方向なのかな。それは全く魅力を感じないんだけど、何かいい事あるのか?ビューを変えたいから、API使ってデータだけ取得しようとする場合、パースやら何やらは自作する事になる。そこをAPIが肩代わりする事は出来ない気がする。JS吐き出してくれたりするのかな。

hackされて面倒が起きるくらいなら公開してしまえっていう太っ腹な感じは好き。でも、いまいち公開されるAPIで何が出来るのか分からない。そもそもリーダーに関してはGoogleに全く思い入れが無いから、何を期待していいのか分からない。

個人的にリーダー程度の機能であれば、それはwidgetとかモジュール的な立場になるべきと思ってる。なので、期待するのはデータ公開だけど面白いデータが集まってるとは思えない。フィード発行数がまだ全然少ない状況だし、FeedBurnerみたいなパブリッシャがデータをメタデータ付きで公開するとかの方が面白いと思う。

結局、Googleならクローラが集めたデータをAPIで使えるっていう方向でいいんじゃないかなと思うんだけど…。

###
hackされたGoogle Reader API
ぱっと見だけど、自分のGoogle ReaderをAPI経由で操作できるだけじゃ…

プロフィール

このブログ記事について

このページは、koshigoeが2005年12月28日 21:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Tagについて考える〜社内勉強会」です。

次のブログ記事は「feedburner.jpは年明けらしい」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。