YAMLはエンコーディングの縛り無し?

RSSとかXML関係のパーサは結構UTF-8じゃないと駄目だったりする。

で、YAMLも関係あるのかなと思ったけど、とりあえずSyckのPHP拡張(syck_load関数)はEUC-JPで通った。ってことは、エンコーディングは関係ないかな。プログラムの内部エンコードと合わせられるのはいい感じ。

ただ、SyckのPHP拡張はsyck_loadしか使えないみたいだから、Read Onlyな奴しか扱えないかな。ログ記録とかやろうかと思ったけど、設定ファイルくらいにしか使えなそう。とりあえず、SimpleTestのWebTestCaseでフォームのパラメータをYAMLで書いてみた。nameとvalueの対応が分かり易い。複数行も対応してるから、フォームのパラメータはYAMLと相性いいかも。

基本的に、フォーマットとエンコーディングは関係ない(はず)。ただ、日本語の場合、マルチバイトの関係で結構仲間はずれにあったりする。YAMLみたいに単純な構造だと、簡単に解決できたりそもそも意識する必要がないのかな。

そういえば、YAMLのフロースタイルはJSONと同じになるらしい。つまり、PHPの場合、php-json使えば書き出しも読み込みも問題なくなるってことか。設定ファイルは書き易いブロックスタイルでやって、ログファイルはJSONで扱えばいいっぽい。

プロフィール

このブログ記事について

このページは、koshigoeが2005年12月 8日 22:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「オブジェクト指向は分析・設計のためにある」です。

次のブログ記事は「タグを使ってカレンダーと同期」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。