バージョン管理システムDarcs

C/S構成をとる必要がないバージョン管理システムということらしい。

ZenKai
今日の井原 - Darcs: peer-to-peerなソースコードマネジメントシステム

C/SでなくP2Pらしい。『作業コピー単位でリポジトリ管理ができる』ってのがよくわからなかったんだけど、要は1つの作業PC内に複数のコピーを作ってそのコピーそれぞれでバージョン管理ができると。2つの目的を同時に進める必要があったりしたらいい感じ。複数の作業PC(チームとか)にそれぞれ作業コピーがある場合は、それぞれでリポジトリ管理できるしそのリポジトリ同士をマージすることも簡単らしい、と。

バージョン管理システムとしての機能自体はCVSとかSVNと大差ないらしい。基本的にCVSとSVNの違いが、ディレクトリとかファイルの名前(位置)をバージョン情報とかを保持したまま変更できるってことくらいしか理解できてない。で、機能的に差がないDarcsは何がいいんだろうってことだけど、中央サーバがいらないって事位なのかな。中央サーバがある事の不都合って何だろう。管理が面倒ってこと?リソース自体?

自宅PCのOSXにSVNを入れている。SvnXっていうGUIクライアントも入れて、Tracも動かせる状態にしている。この状況で、Darcsっていうぱっと見素敵なツールを紹介されても扱いに困る。まあ、これ書いてる最中に、GHC入れて次はDarcsかっていう状況なんだけど。

Tracみたいな管理プラットフォーム(?)があればいいんだけど、その辺は個別のツールを使うしかないのかな。Emacsは流石で色々(vc-darcs.elだっけ?)出回ってるらしい。

まあ、とりあえずTrac使うためと会社の次期SCM対策にSVNかなぁ。

プロフィール

このブログ記事について

このページは、koshigoeが2006年1月17日 20:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「MySQLの文字列"="演算」です。

次のブログ記事は「IT企業は終わりらしい」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。