OSX+CarbonEmacs+Subversion(vc-svn.el)を使ってみる

naoyaのはてなダイアリー - Subversion とバッドノウハウ
そういえばvc-svn.elは設定しただけでEmacsからのaddとかcommitとかはしてなかった。全部svnXのGUIから操作。で、気になったので試してみたら見事に文字化けメッセージでコミットできなかった。

MacOSXのLaTeXに関するBBS 【2003/5/9〜】
どうやら、通常アプリに環境変数を渡す場合は~/.MacOSX/environment.plistを利用するらしい。標準では.MacOSXはなかったのでディレクトリを作って、Property List Editorでファイルを作成。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<!DOCTYPE plist PUBLIC "-//Apple Computer//DTD PLIST 1.0//EN" "http://www.apple.com/DTDs/PropertyList-1.0.dtd">
<plist version="1.0">
<dict>
	<key>LANG</key>
	<string>ja_JP.eucJP</string>
	<key>LC_TIME</key>
	<string>C</string>
</dict>
</plist>

言語を日本語のEUC-JPとしてタイムスタンプは英語のまま。で、この環境設定はFinderの再起動が必要らしいので、とりあえず再起動(ログアウトとかでもいいはず)。無事コミットできて、svnXでも特に文字化けせずに扱えていた。


==追記==
environment.plistはすべてのアプリケーションに適用されてしまうので、注意しないと予期しない影響があるかもしれない。LC_TIMEを外したらWritelyのSave時に表示されるタイムスタンプが化けた。

プロフィール

このブログ記事について

このページは、koshigoeが2006年1月21日 19:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「OSXでTracをスタンドアロンサーバとして使う」です。

次のブログ記事は「scuttle注意点」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。