OSXでTracをスタンドアロンサーバとして使う

| コメント(2)

Apache2+mod_pythonで動かしたかったんだけど、"library routine called out of sequence"っていうエラーになってどうにも訳が分からない。DarwinPortsでのインストール順とかが関係あるのかな?

一応、tracdでスタンドアロンサーバとして起動できる。で、Tracの環境構築時に表示されるメッセージに書いてあるまま動かすとターミナルにログが表示され続ける。とりあえず、これをどうにかすれば使えるかなと思うので--helpでちょっと見てみた。

... Tracのプロジェクト用ディレクトリ作成
% mkdir /opt/local/var/trac
... Tracのプロジェクト(junk)を構築
% trac-admin /opt/local/var/trac/junk
... プロジェクト情報を適当に設定
... 認証情報を設定するために適当なディレクトリを作ってhtdigestでファイル作成
% cd /opt/local/var/trac/junk
% mkdir auth
% cd auth
% htdigest -c KoshigoeBushou.htdigest "pmg4.local" KoshigoeBushou
... デーモン起動
% tracd --port 8000 --daemonize¥
 --auth junk,/opt/local/var/trac/junk/auth/KoshigoeBushou.htdigest,pmg4.local¥
 /opt/local/var/trac/junk

とりあえず、特定のプロジェクトを適当な認証情報付きでデーモンとして起動。個人環境で運用するのでこれで問題ないと思う。Apacheの機能が使えないデメリットがあるらしいけど、Apache特有のいいところは知識不足で思い当たらない。HTTPSは必要ないし、とりあえずTracの標準機能が使えればそれでいい。拡張だかプラグインだか入れるときに困るかもしれないけど、そうなったらまた改めて挑戦してみよう。

手動で立ち上げるのは面倒なので、PC起動時に自動起動するように設定してみた。OSXの場合xinetdだと思ってたら、Tiger(10.4)からlaunchdとかいうのにかわっていたらしい。で、launchdのGUI設定ツールが紹介されてたので使ってみる。
MAC REVIEW: フリーソフト: launchdをGUIでコントロール
"Assistant"という機能を使うとウィザード形式で設定を作る事ができるので便利。自分で作ろうと挑戦してみたけど、どうにもならなかったのでAssistant任せ。
1)起動のタイミングとかジョブの種類を選ぶ
2)ジョブのラベルを入力
3)ジョブを入力(引数付きのデーモン起動コマンド(絶対パス)を入力すればOK)

そういえば、最近かは分からないけどtracがDarwinPortsからインストールできるようになっていた。日本語化は日本語パッケージからtemplatesとwiki-defaultを/opt/local/share/tracにコピーすればOK。これでtrac-adminで作るプロジェクトが日本語になる。
…、インストールに失敗しただけでtrac自体はあったかも。

コメント(2)

私も今mod_pythonでTracを動かそうとしてはまってます。
職場でwindows上に入れたときは何も問題なかったんですが...

ちなみに、CGI版は問題なく動いているので、cgiやfcgiを試してみられるのも良いのでは。
スタンドアロン版よりは良いかとおもいますし。。。

こんにちは。

実は、mod_pythonのバージョンを上げて解決してたりします。

http://blog.koshigoe.jp/archives/2006/08/osxtracapachemo.html

今はOSXでもDebianでも使ってないのですが。。。

プロフィール

このブログ記事について

このページは、koshigoeが2006年1月21日 15:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Emacsが面白い」です。

次のブログ記事は「OSX+CarbonEmacs+Subversion(vc-svn.el)を使ってみる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。