開発環境 - バグトラッキングシステム

scuttleを題材とした勉強を始める前に、いくつか環境整備。

まずはBTS。利用するのは、PHPで作られたMantis。インストール後に日本語マニュアルを見つけたけど、とりあえずそれっぽいファイルをいじってDB構築すれば問題無し。

日本語にもデフォルトで対応していて、config_inc.php内の"$g_default_language"を"japanese_*"にすれば日本語表示される。内部処理がどうなるかは確認してないけど、とりあえず今後確認予定。EUC-JP、Shift_JIS、UTF-8それぞれに対応している。

RSS出力も対応しているらしい。まだレポートがたまっていないので、どこまで出来るかは不明。

個人環境でのSBS利用はいまいちなにをポストしようか分からないけど、BTSとかの外に出せない内部情報をクリッピングしたい場合にいいかなと思っている。なので、開発環境だけどそのままトライアル環境にもなって一石二鳥かな、と。

scuttle拡張ネタは引き続き検討。

プロフィール

このブログ記事について

このページは、koshigoeが2006年1月 7日 20:11に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「XMIからUMLのクラス図作成」です。

次のブログ記事は「大失敗 - VirtualPC」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。