ライブドアが技術系だとか何だとかっていう話

いろんなところでライブドアの技術力(?)が説明されてた。

オン・ザ・エッヂ(?)だった頃とか、ライブドアの中の技術の人たちの技術力が凄いってのは分かった。実際、大規模サイトの運営を安定して自社で賄っているってのは相当なもんだと思う。

でも、会社がどうかっていえば、やっぱ金融屋って印象しかない。まあ、実際大きくなるためには株がどうこうってやんなきゃ駄目なんだろうけど。Webアプリとかの利用料だけで何億だとか何兆だとか稼げるわけがない。大きい故の動きの鈍さとか考えて、有望な(新しいサービスを開発してる)ベンチャーを買収して抱え込んでるユーザにサービス提供するっていう方針とかだと納得できるし。

今後のライブドアがどうやってくかわからないけど、ただ買収して株価あげてって方向ならやっぱ技術力だとか"IT"とかって印象はなくなる。ユーザに新しい経験を提供する形で動いていけば、そこに詰まった技術力が表に出てその辺の印象が高まるんじゃないかな。

開発業務に携わる人間が考える事じゃないかもしれないけど、ライブドアは株とかやってる会社で楽天は通販会社ってイメージ。はてなは何か面白い事やってるところで、GoogleとかAppleはオシャレ。Microsoftは宇宙人の集まり。

さて、ライブドアの信用回復はどんなもんかな。目新しくて面白いサービス打ち上げられたらいいんだろうけど、大きいと動きが鈍かったりするだろうしな(スリムになって軽快になる?)。かといって、ここでまた買収とかしたらあれこれいわれそうだし(正当だとしても?)。

しかしまあ、会社経営ってのは難しいんだなぁ。

プロフィール

このブログ記事について

このページは、koshigoeが2006年1月28日 19:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「E4Xを知る」です。

次のブログ記事は「OSXでGNU LS」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。