Wikiとバージョン管理

BitChannel
バージョン管理をCVSに任せたWiki。

Wikiはそれぞれのページで履歴を記録してバージョン間の差分を見る事ができる。会社でも色々な場面でWikiを使っていて、バージョン管理に優れたWikiが欲しいという要望が出てきてたり。

幸か不幸か1ページが頻繁に書き換えられてその差分とか、変更があった理由を追いかけるような事態には出会っていない。なので、バージョン管理関係の機能が欲しくなったときに、どんな事ができれば嬉しいのかがいまいち分からない。

とりあえずGoogle先生に『wiki バージョン管理』で聞いてみたら上のBitChannelがひっかかった。なるほど、バージョン管理はそれが本業のSCMに任せれば言いわけだ。SCMはバージョンを追いかける事が得意だから、SCMを利用しているWikiを中心に探せばいいのかも。

で、Tracの組み込みWikiはどうなってるんだろうと思ってちょっと触ってみた。Tracはプロジェクトが利用しているSVNリポジトリの変動をすべてトラッキングしているらしい。Timelineってのを見ると、その名の通り時間軸でリポジトリへのコミットログが表示される。簡単な作業記録を一覧できて便利。日時とか種類(マイルストーン、チケット、リポジトリのチェックイン、Wiki)で絞り込む事もできる。Tracはリポジトリ単位で立つ訳だから、プロジェクトの動向がしっかりと記録されていく事になる。

Tracはほとんど使いこなせてないからこれがいいのかは分からない。でも、軽く触った感じだと見た目もいいし色々遊べる感じで楽しい。

・Wikiでドキュメント管理
・ChangeLog
・ロードマップ
・ソースブラウズ
・Issue Tracking
・Tracで管理するもの全て(大半?)のバージョン管理
・検索

ざっとあげただけでもこんな感じの機能を1つのURLから利用できる。WikiとかBTS、SCMのソースブラウザがそれぞれ単独で動いてると、それぞれ管理しないとだし操作に慣れるのも面倒かもしれない。くどいけど、Tracが最適解だとは言えないけど1つの環境でできる事の利点は大きい気がする。

んー、やっぱ実際使ってみたりユーザの使い心地を知らないとかなぁ。

プロフィール

このブログ記事について

このページは、koshigoeが2006年1月31日 23:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「今更ながらのXML-RPCでMTポスト」です。

次のブログ記事は「del.icio.us post on 2006-01-30」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。