XMIからUMLのクラス図作成

| トラックバック(1)

PHP2XMIで生成したPHPクラスのXMIからUMLクラス図を作成するメモ。会社のミーティング資料にクラス図を準備するのが目的。

MagicDraw UMLを利用。当初はUmbrelloを使おうと格闘してたけど、X入れてなかったりしてそこからの開始でわけ分からなくなったのでMagicDrawってのをGoogle経由で知って挑戦。

日本語インストールしたらメニューが文字化けしてどうしようもなかったので、とりあえず英語インストールで解決。[File]→[Open Project]からXMIファイルを開いて、[Analize]でClass Diagramなんたらを選んで次々と。とりあえずクラス図が手に入った。

XMIが悪かったのかクラス図がクラス名だけで、メンバ変数/関数が表示されなかった。XMIを確認してないんだけど、PHP2XMIのオプションが悪かったのかな?no-private(?)とか指定しなかったけど…。とりあえず、継承だけは拾えてたので目的は果たせたと思う。

MagicDrawは有料で、ユーザ登録してdemo版が使えるけど保存が20クラスまでとかなんとか。とりあえず、これっきりっぽいけど印刷目的なら利用期限までは使えるかな。

トラックバック(1)

1.Apacheでの設定(実行環境)

続きを読む

プロフィール

このブログ記事について

このページは、koshigoeが2006年1月 6日 20:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「抱負『ナイスバディ』」です。

次のブログ記事は「開発環境 - バグトラッキングシステム」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。