XML でアプリケーションを作る

XULRunner - MDC
XML でポン。

ホスティング系(?)のブログとかでは基本的に JS が使えない。これはまあ当たり前の処置。色々と解決策は(難しいにしても)あるのかもしれないけど、共有スペースである以上危険は出来るだけさけるべき。

とはいえ、色々と遊びたいのも事実で、世に出回る Widget を試してみたいってのはよくある。問題は、JS をそのまま使わせると(JS で出来る事は)何でも出来てしまうという点。じゃあ、"何でも"っていう所が解決できればいい訳だ。個人的に1つの答えだと思うのが、XML 形式の Widget。

気になるのは、Google Module とか Dashboard は 大枠では XML なんだけど、実際は JS で書かれてる事。監視体制とかが整えば、それでも検閲する機会があるわけだからそれなりに安全ではあるんだけど、危険でもある。JS ベースで機能の実装を開発者に任せる方法は、開発者が既知の技術を使える分、簡単で楽しかったりする。それが理由で活発化したりするから、JS を使うなとは言えないけど。

それなりの機能を(自由に)実装しようとしたら、どうしてもプログラミング(スクリプト)言語を使う必要がある。ただ、ブロブパーツみたいにちょこちょことしたものを作る場合、ある程度機能を制限しても問題ない気がする。

というわけで、はてなダイアリーも XML 書いて実装できる Widget 作ってください。もしくは、CPAN Author がこんもりいらっしゃるようなので、"はてなぱん"とか作ってダイアリーモジュールのディレクトリサービスを始めください。

まあ、冗談はいいとして、そんなこんなで XUL Runner が気になってきたので XUL を勉強してみようかな、と。

プロフィール

このブログ記事について

このページは、koshigoeが2006年2月 8日 21:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「del.icio.us post on 2006-02-07」です。

次のブログ記事は「メールの From って」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。