FreshReader とか Plagger とか

Bloglines 派としてちょっと気になる。

FreshReader は専用サーバを持たない身なので使えない。フィード購読リストと未読状況は一元管理できないと意味がない。それに、ライセンスがどうこうってのもあるし、個人利用としてはちょっと微妙。なんだか「クリックしてね」アナウンスが出てたけど、どうなんだろう?トラックバックして「援助待ち」とか出来るのかな?

Plagger は未だによく分からなかったりするんだけど、設定ファイルベースで事を進めるっぽい。Bloglines の未読アイテムを Gmail に送るプラグインとかがあるみたいで、自分好みの UI を持つクライアントでフィードを購読できるってのが売り?後は、アグリゲートして好みの形にパブリッシュできる、とか。基本的に購読フィードのメインは SBS のフィードだし、mixi 使ってないし、現状にさほど不満もない。多分 Plagger の現状は開発者向けっぽい感じがするし、まだ考えなくていいのかも。

社内情報のアグリゲーションと定期チェック、情報共有を考えると、社内に置けるアプリケーションが必要だったりする。FreshReader が使える状態みたいなんだけど、社内情報のフィードは Thunderbird で読んでたりする。『「誰かが読んでるフィード」を知りたい』っていうケースが今のところないので、これで十分ではある。ただ、Hiki Farm が活性化しつつある(なんとなく盛り上がってる人がいたりする)ので、その辺考えると Thunderbird から乗り換えるのもいいかもしれない。でも「確認する場所」を増やしたくないんだよなぁ。メールは必ずみるし、その時に確認すれば何とかなる程度の更新頻度だし。

そういえば、社内情報の検索システムってあるんだっけ?情報共有のために色々とアプリケーションが用意されてるのはいいんだけど、アプリケーション別で検索するのが面倒かもしれない。社内 Google とか設定できるっけ?検索周りの調査はおろそかになってるし、ちょっと調べてみようかな。

プロフィール

このブログ記事について

このページは、koshigoeが2006年3月 7日 23:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「OSX Security Update と PHP」です。

次のブログ記事は「インクリメンタルでイテレーティブこそ重要?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。