JIS 規格って高い?妥当?

仕事の都合で地域コードを調べる事になった。

はじめは Wikipedia とか Google 経由で調べていたんだけど、気になったので JIS のサイトに行ってみた。以前にユーザビリティかなんかのガイドラインだかを購入した事があるんだけど、安いのか高いのかよく分からない。

都道府県コード(JIS X 401)の和文 PDF が 367 円。市区町村コード(JIS X 0402)の和文 PDF が 4,515 円。

元データが有料ってなると、WebService に期待する事もできなそう。まあ、住所入力の value に無理して JIS 規格使う事もないんだけど、標準ってことを意識すると JIS 規格使った方がいいかもしれなかったり。よそで使ってるデータをインポートする場合を考えると、標準規格は強み。

さて、合併がどうこうって近況を考えると、Web で(なぜか)公開してくれてるデータを使って大丈夫なのかな?合計 4,882 円。買ってもらった方がいいのかな?信頼できる公開データを探したら済むかな?

プロフィール

このブログ記事について

このページは、koshigoeが2006年3月 6日 21:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「my hatena bookmark on 2006-03-04」です。

次のブログ記事は「SBS のエントリーから Feed AutoDiscovery」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。