さりげないプレッシャー

会社の陰の実力者(?)の SBS エントリーを見ていると、たまにプログラミングネタが流れてくる事がある。

裏ボス(だと思う)の人は技術ネタも分かってくれるのでかなりやりやすいんだけど、その分要求もちゃんとしてくるので怖い面もある。ブックマークはさりげなくプレッシャーをかけてたりするんだろうか。タイトルがそれっぽいだけで、実はマーケティングとかマネージメント、戦略的なネタなのかもしれない。

実際は、純粋にお気に入りな(興味深い)記事だったり、「こんなのあったぞ」って教えてくれてるんだと思う(だといいな)けどね。

社員の SBS をアグリゲートして、情報/知識/技術の均一化というか向上に役立てるのは有効な手段だと思う。でも、ちょっと深読みしすぎてみると軽いプレッシャーに使えたりするかも。営業(フロント)の人のブックマークにコアめの記事とかがあったりするとちょっとびっくり。客先での評判とか業界の風潮を先取りして情報収集した結果なんだけど、技術の人には催促に感じられたり。逆に、技術の人が「私はこれで〜億稼ぎました」みたいな記事をブックマークしてると、それ見習えみたいなプレッシャーになったり。

単純に、新鮮な情報を得る手段として利用すればいいんだけど、その辺の駆け引きとか実際あったりするのかな?うちではないよね?ない。きっとない。


督促 SBS

プロフィール

このブログ記事について

このページは、koshigoeが2006年3月 2日 22:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Emacs でカレントバッファ以外を kill したい」です。

次のブログ記事は「Feed アイテムの並び順はどこで制御すべきなの?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。