SCP と SFTP

違いを理解しないままぼんやり過ごしてきたけど、ちょっと調べてみた。 WinSCP Japanese site : protocols

cp をリモートでセキュアに使えるのが SCP で、FTP を SSH で置き換え(?)てセキュアに使えるのが SFTP 。んー、SSH とか FTP の中身がどうとかって部分が分かってないから、細かいとこまでは結局理解できない。

とりあえず、「SCP はパケット確認をしない」、「SCP はレジューム機能がなくて転送取り消しも出来ない」、「SCP はディレクトリの再帰処理が単独コマンドで可能」あたりを押さえておけば使い分けの基準にはなるのかな?パーミッションだとかタイムスタンプだとかは今のところあまり意識する部分じゃない気がするし。

rsync とか scp とかを使うようになって出来る限り CUI 環境を利用するようになってきたけど、使い慣れるとかなり便利。GUI だとディレクトリのブラウジングが簡単で便利なんだけど、開発環境みたいに分かりきった環境に対してそれは必要ないし。差分アップロードとかセットアップする場合は、rsync でワンステップがっつり。

次はプロセス関連とか検索関連を使いこなせるようにならないと。Linux 環境は開発環境として利用はしてるんだけど、メインじゃないから実際にそれほど使ってる訳じゃない。なので、結局 Windows Explorer とか GUI アプリで完結する。んー、grep あたりは上手く使ったら改善される部分があると思うんだけど、プロセスがどうとかログがどうとかってのはあまり思いつかない。

というわけで、grep テクニックをまずは調べよう。

プロフィール

このブログ記事について

このページは、koshigoeが2006年3月12日 23:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「my hatena bookmark on 2006-03-11」です。

次のブログ記事は「SVN on Finder (OSX)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。