Plagger にやっと触れた

ほぼまっさらな Debian に Plagger がようやく入った。

しばらく Perl 自体に触れる機会がなかったので、CPAN モジュールとか C ライブラリとかが大変な事になってた。やたらとヘッダファイルが無いって怒られると思ったら、libc6-dev が入ってなかったり。libxml2-dev でも怒られた気がする。Bundle::CPAN も古かったみたいでずっとエラーだったりで大変。XML::RSS はテストが言語環境(UTF-8 のみ?)の問題で通らず、インストール失敗したり(LANG=C で回避できた; by どこか情報)。

何度 Plagger は普段 Perl 触ってる「『選ばれた(?)』人しか使えないんだ!」ってあきらめようとしたか…。なんとか粘って、さっき bloglines2gmail が動くところまで確認できた。3度目くらいの実行で成功したので、途中の 100 何件かのアイテムは行方不明。偶然にも livedoor reader に Bloglines の OPML をインポートしておいたのでこれはセーフ。

触りたかっただけなので、hack するつもりも出来るとも思ってないんだけど、環境だけはいっちょまえに整った気がする。これを機会に Ruby も環境作ろうかな。というか、本が土曜あたりに届くから間違いなく整えるんだけど。

とりあえず、これまで PHP でこしらえてきたやっつけスクリプトを Plagger に任せてみようかな?

プロフィール

このブログ記事について

このページは、koshigoeが2006年4月20日 21:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「My Hatena::Bookmark on 2006-04-19」です。

次のブログ記事は「My Hatena::Bookmark on 2006-04-20」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。