フィードについて思い出しておく

読書が一段落したので、久しぶりにフィードについて。

新しい事は全く無しで、これまでに目にしたサービスとかから今どんな感じかメモ。かなり適当なので注意。抽象的なのか具体的なのかいまいち分からないまとまり方になってる。まあ、アウトライン(?)ですわ。マーケティングっぽい事も聞きかじりで混ざってたりするけど、基本的に嘘です(実は『あの本』まだ読んでません)。

サービス:
- 生成
  - 既存媒体からの生成
    - html
    - mail
    - sound
    - video
  - ゼロからの生成
- 配信
  - ホスティングによる第3者配信
  - クライアント要求に従った配信情報の切り替え
- 収集
  - サーバ型リーダーアプリによる巡回
    - 配信サーバの負担減
    - ユーザへの共有/検索機能などの提供
  - 収集データ解放時の加工機会
- 加工
  - 既存フィードへの価値付け
  - 既存フィード群のマージ
  - 別媒体への加工
- 効果測定
  - 購読、クリック、コンバージョンなどの効果測定
  - フィードがマーケティングツールとしてのトラフィック効果をどれだけ生み出すのか
    - 新たな流入経路確立に伴い、誘導手段等の最適化指針
- 媒体利用
  - 広告媒体としての利用
  - 機械に処理しやすいメタ媒体
    - 第3者加工による露出機会
- 検索
  - 基本的な情報入手経路の確立
  - 無差別もしくは分類に従った情報取得(配信)

ユーザ:
- 収集
  - 購読リストの構築
- 購読
  - フィードクライアントアプリを利用した購読
- 分類
  - 管理上の分類
    - カテゴライズ
    - タギング
  - パブリッシングの条件付け
- 共有
  - 購読リストの共有
  - フィード実体の共有
    - 配信サーバの負担減
  - 切り抜きによるアイテムレベルでの共有
- 評価
  - サーバ行動に関連した重み付け
    - 巡回頻度のレーティング
  - ユーザ行動に関連した重み付け
    - フィードやアイテムの並び替え
- 切り抜き
  - アイテムの保存、マーキング
  - フィード再発行への材料作り
- 加工
  - フィードやアイテムへの価値付け
  - C.C.を利用したライセンス
  - 特定アイテムの挿入
  - 複数フィードのマージ

『それ Plagger じゃできなくね』って言ってみたい(それ見つけないとご飯食べられなくなるよ!)。『それ Plagger 流行れば当たるね』ってのは大歓迎。

プロフィール

このブログ記事について

このページは、koshigoeが2006年4月25日 23:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「My Hatena::Bookmark on 2006-04-25」です。

次のブログ記事は「どうやら悪い事をしてるらしい」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。