DB(MySQL)をSubversionに切り替えられるケースってある?

例えば、RSS+SSE のバックエンドを Subversion にしてみるとか。

RDBMS で工夫して履歴管理をしたらいい気はするんだけど、バージョン管理に特化したシステムがあるならそれ使ってもいいのかなと思う。

「データためるなら RDBMS(MySQL)使えばいいや」で走り出してしまうので、MySQL か PostgreSQL かっていう判断じゃなくて、RDBMS なのか ファイルなのかって所に加えてバージョン管理システムを使うかどうかってのもありかな。

問題は、ファイルの形式をどうするかとか検索に耐えられるかとか。RSS のバージョン管理っていっても、差分を上手くとろうと思ったら改行位置とか考えなきゃいけないし、ファイル分割してごにょごにょとか。

CMS とか Blog とか Wiki なんかみたに、ページ(テキストファイル)を管理する形なら、そのままいけそうだけど。検索は、まあリポジトリを見れるやつ探してくればいいし。リアルタイムに出来るかは知らないけど。

Oracle レベルの RDBMS は使った事が無いので、正直リレーショナルの恩恵はさほど受けてない。せいぜい複数テーブルの JOIN 止まり。MySQL4.1 以上は仕事ではまだメインじゃないし。個人的な実験で無理矢理 MySQL 使ってたような所にはめ込む事も出来るんじゃないかな、と変な期待を抱いてみたり。

特別思いつかないんだけど、頭の片隅には置いておこう。管理ツール周りでは役立ちそうな気配。

プロフィール

このブログ記事について

このページは、koshigoeが2006年5月24日 22:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Rails 入れようと思ったら大惨事」です。

次のブログ記事は「気づいたら Selenium がバージョンアップしてた」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。