Livedoor Reader って既読アイテムが復活しませんか?

どういう理屈か分からない(調べてない)けど、やたらと読んだ事のあるアイテムが復活する。

ただでさえ、SBS のフィードは同じアイテムがごっちゃになって鬱陶しいのに、普通のブログのフィードまで古いアイテムを何度も読むはめになる。多分、静的なフィードだと問題は無いんだと思う。ここの静的フィードとサービスかませた動的フィードの2つを登録してるけど、動的フィードの方でこの現象が確認できてる。

アイテムのレート(重み)があがっていってそれを通知してくれるだけならともかく、普通にフィードの中にまぎれるから困る。『フィルタリング』機能に特徴があるリーダーってないかな?とりあえず、一度読んだアイテムを『新着』として扱いたくない。キャッシュみたいに一定期間情報を残しておけない物かな。理想を言えば、2度と『新着』として扱ってほしくない。別枠で、やたらと出現する URL は『注目』みたいな箱に入れられると嬉しい。

この違和感がどうにも我慢できないので、Bloglines に戻ります。UI も感心はするけど、Bloglines に強い不満がある訳じゃないし。Bloglines でも同じようならいっそ Web アプリのリーダーやめよう。『集める』と『見せる(読ませる)』っていうリーダー必須機能は十分磨かれたと思うし、そろそろ『フィルタリング』とかの補助的な機能を充実させてくれると嬉しい。

あ、Plagger ってこういう時に使うんだ!集約から再加工ってのは C.C. が微妙に広まってない現状を考えると『個人利用』以外ではまだまだ厳しい(と思う)。だけど、個人的な実験用途で『読む』ためだけなら何の問題も無いはず。必要な情報を集めて DB に突っ込むとこまで(裏方)は Plagger にお願いして、そこから表に引っ張りだす部分(花形?)について「あーでもない、こーでもない」ってやればいい。で、それが形になりそうなら(裏方自前で作って)サービスとして公開するとか。Plagger のプラグインとして公開してもいいだろうし。

Gmail 行きにするアイテムの URL リストをレートと一緒に DB とかに突っ込んどいて、それを参考に簡単なフィルタリング?そのくらいなら、過去の Perl 経験を思い出して何とかなるかも。

  • 購読リスト(未読管理):Bloglines
  • 集約+フィルタ+通知(送信):Plagger
  • アイテムレート:自前 DB(HTTP GET?)
  • 購読:Gmail(メーラー)

なんだか、いかにも『作ります』的な流れになってきたけど、多分放置。そもそも、Plagger で『今何が出来るか』知らないし(このくらいなら既に出来る気がする; 需要無い?)。とりあえず、Bloglines で既読アイテムが復活しなきゃいい。問題ははてなブックマークのフィードだけど、それはそれで別の方法でなんとかするかも。全体のフィードを購読して、それを自前でフィルタリングとかね。まあ、時間経っちゃうと(既読にした後にブックマークされたら)意味ないんだけど。

Livedoor Reader は正式リリース後にまとめサイトでも見て『何が出来るか』を確認してから再検討の予定。

プロフィール

このブログ記事について

このページは、koshigoeが2006年5月 5日 18:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「野良フィードじみてきた静的フィードのアクセス状況」です。

次のブログ記事は「TypeKey 設定ミスでコメントできない件」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。