インデックスを作ってくれるメールクライアントが欲しい

| コメント(1)

フィードを購読するのに、メーラーを使わない理由は2つ。

  • 購読リストの共有ができない
  • 概要連続斜め読みが出来ない

メーラーとの付き合いがあまり深くないので、『出来るけど知らない』だけかもしれない。けど、知らないから出来ない。

Bloglines + Plagger でメール送信すればデータ共有は可能。サーバから削除しないとか、Web メール(とかIMAP)使えばいい。問題は、『全アイテムの見出しと概要を1画面に表示して、めぼしい物だけをあさる事が出来る』ってことがメールクライアントで出来るのかってこと。メールは基本的に『Subject+Body』な訳で、『Titlte+Description with URL』なメールにしてそれっぽい事は出来るけど、読み込みのタイムラグとかが嫌。

(受動的な)仕事関係メールだとちゃんと読まなきゃだから斜め読みってのは(大抵の場合)必要ないけど、(能動的な)情報収集用メールはざっと眺めて必要そうな物をピックアップするためのインターフェースはあっていい気がする。

特定のボックスに入る未読メールについてインデックスを作ってくれるメールクライアント(もしくはプラグイン)ってないですか?正直、『オンラインフィードリーダー』って『リーダー』じゃなくて『データベース』な役割だし、メールクライアントに閲覧機能を要求した方がいい気がする。

Bloglines とかの API 提供サービスをバックグランドに動く配信サービスって出てこないかな?設定のための UI が必要になると、それはそれで動きが鈍くなるか。フィルタリングだとかフィードの合成だとかの加工処理についての要求は個人差がありそうだしね。UI を用意した使いやすいサービスってのは、『一般的』とか『多数派』の為にはいいけど。結構「中の人」テイストな要求をしがちなので、サービス提供には期待しない方がいいっぽい。『開発者コミュニティ』を注意深く見守るべきかな。

Web ベースの方が開発スピードが速いってのは忘れちゃいけない事なんだけど、UI のパフォーマンス(?)的に疑問。WebAPI がどうだこうだとなってる訳だし、Web にデータを置いて、OS のパワーを最大限に使えるクライアントアプリケーションで処理するってのが一番?『インストールの必要』ってのもあるし、『OS(環境)依存』ってのもある。けど、まああまり気にしなくてもいいんじゃね?つなぎとして XUL とかもあるし。

なんだか、話がそれて愚痴になってきた…。本題に戻るとして、結局メールクライアントはろくに吟味せず「Firefox 使うし Thunderbird でいいや」ってのりで決めた訳だし、ようやく出てきた『具体的な要求』に従って探してみればいいのか。Thunderbird を使い続けるにしても、拡張機能を探してみたらあるかも。カスタマイズのしやすさで考えると、Thunderbird で正解かも。拡張機能は Web ベースの技術で作られてる(よね?)しいいかな。

さあ、『まとめページ作成機能』を探してみよう。

コメント(1)

「インデックスを作ってくれる」という一点で云えば、DesktopSearchがそれなんだと思います。「特定のボックスに入る未読メールについて」というほど、便利に出来ていないですが、将来的にはそういうのも可能なのかも知れないですね。

プロフィール

このブログ記事について

このページは、koshigoeが2006年5月10日 22:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「PS3 って 59,800円もするんだ…」です。

次のブログ記事は「頭の整理 - フィードは原料」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。