フィードリーダーとバーコードリーダー

似てる気がする。

なんとなく、『フィードリーダー(RSS リーダー)』って名前の物に違和感を感じていたのはこういう事かも。

バーコードが表す値段とか商品情報は知りたいけど、バーコードを読みたい訳じゃない。バーコードを読む(ための機械を使うのは)レジの人。なので、客が使うのはレジ。

フィードもフィードの中の情報を読むために、何かしらのツールを使う必要がある。けど、別にフィード(XML)をパースしたい訳じゃない。清原がホームラン打ったとか、清原がだんじりだとかってことが知りたい。ニュースを読みたい訳で、XML データがどうとか HTML がどうとかなんてどうでもいい。

フィードを広めるためには、フィードを意識させなければいい。ってことは、今大事なのは、フィードだとか Web ページとかに含まれる情報を『上手い事届けるための手段』なのかもしれない。『Aggregation > (Re)Publish & Deliver > Read』って流れだとして、『(Re)Publish & Deliver』が重要?だからこその Plugger?

とりあえず、どうにもまとまりそうもなかったので、連続投稿。数打ちゃ当たるさ。

プロフィール

このブログ記事について

このページは、koshigoeが2006年5月10日 23:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「頭の整理 - フィードは原料」です。

次のブログ記事は「リーダーはパーサーじゃない」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。