Rails 入れようと思ったら大惨事

gem 入れて「さあ rails 入れよう」ってところで、ruby が少々古かった(1.8.2)せいで rdoc が足りない(1.8.4 から標準?)という事で失敗。

で、rdoc は apt-get (いい加減 aptitude と dselect 使わないとね)で入れられるんだけど、その過程で libreadline4 が必要だとか何だとかでぼーっとしてたらいろんなパッケージを削除してしまった。

「これで trac 周り全滅か!」とかなり焦ったけど、入れ直したら普通に見れてるので安心。Python2.3 と MySQL5 の関係で libreadline4 と libreadline5 が必要っぽい感じで、その順番に一苦労。

sudo apt-get install libreadline4/testing readline-common libreadline5/testing gnupg gpgp libapache2-mod-python libapache2-mod-python2.3 mysql-client-5.0 mysql-server-5.0 python python-clearsilver python-sqlite python2.3 python2.3-cjkcodecs python2.3-clearsilver python2.3-dev python2.3-iconvcodec python2.3-japanese-codecs python2.3-sqlite python2.3-subversion trac/testing

こんなかんじで入れ直しだった。

とりあえず rails も入ったようなので、ここまで。Symfony も入れたばっかなんだけど、「DB 定義を XML でします」の部分を読んで挫折。まあ、作ってある DB からコマンドを利用してスキームを作れるらしいんだけど。気になるのは、1つの定義から目的別の複数 DB を作る事が出来るのかってこと。Rails では出来るんだよね?本番と UnitTest 、出来れば結合テスト(っていうのかな?Selenium とかでの一連のテスト)用にも用意されてたら嬉しい。

もうちょっと、触り程度でもドキュメント読もうと思ってたんだけど、限界。削除されるのはアーカイブでパッケージじゃないと思ったんだよ!

プロフィール

このブログ記事について

このページは、koshigoeが2006年5月24日 00:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「PEAR::VersionControl_SVN」です。

次のブログ記事は「DB(MySQL)をSubversionに切り替えられるケースってある?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。