ドリコムの応募作品を眺めてみた

とりあえず一覧を眺めただけです。18作品というのが、多いのか少ないのか妥当なのか、判断出来ません。

で、今ちょっとネタを思いついたので、メモ。作りません。きっと、もうあるだろうし。目新しいものでもない。

最近、社内でSNSを利用中というのは前から書いている事なんですが、SNSのフィードでコメントも対象にしています。この『原則、書き込み全てをフィードで出す』というのが、結構当たりかな、と。

スパム被害を受ける場合、管理コストがネックなんですが、閉じたコミュニティで、議論ベースの運営を行う場合、議論のログをフィードで出す事は有効なのではと思ったり思わなかったり

さらに、XML-RPCとかを上手く使って、フィードリーダーを入り口にコメント(反応)出来ると楽しいかも。チャットとかIMほどの即時性は必要ないけど、気がついた時に反応出来て、購読者全員でログを共有出来る。

技術的には今すぐ作れるものだし、ネタ的にもだいぶ枯れてる(?)とは思うんだけど、これを社内コミュニケーションツールとして導入する事はあまり考えられてないかも?OpenPNEのAPIにXML-RPCがあった気がするんだけど、あれってダミー?使えるなら、RSSのアイテムに上手くURL埋め込んで、それに対応してくれるクライアントを作ってもらえばいいのかな?いや、作りませんよ?

こんな事を考えたのは、Google Sidebarでフィードを表示してる時の、更新の仕方がちょっとチャットっぽいな、と思ったからです。チャットとかIMは上司に怒られたとしても、RSSリーダーなら怒られないよ!多分。

RSSの仕様としてコメント機能を用意する必要はありません。必要なのは、書き込みを受け付けるAPI(XML-RPCとか)と、その入力UIとポスト処理に対応したRSSリーダー。吐き出すRSSでは、APIを叩くためのURLだけ書いておけばいい。そのURLを書くために、RSSの拡張仕様を使う必要はあるかもだけど、新しいAPIとかを作る必要は無いはずです。きっと、Atomでやると素直に出来る。

と、思いつきかつ未調査でメモ。こんな感じのオープンソースなツール知ってたら教えてください。こっそり社内サーバに仕込んでみます。

プロフィール

このブログ記事について

このページは、koshigoeが2006年7月 3日 21:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「枇杷来た!」です。

次のブログ記事は「スレッドRSS」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。