DynamicでこそFeed?

Feedが、『リソースのある時点でのサマリ』だとすると、動的に出力した方が色々都合がいいのかな?

ケースバイケースではあるだろうけど、データを取り出す側が色々と要求出来た方が広がりがある気がする。要求全てをサーバ(のレイヤ)で捌ければ一番なのかな。

『過去の情報は別途管理』というポリシーであれば必要ないか。『最近のリソース変化を伝える』ための媒体がFeed。んー、でもFeedとして通り過ぎた情報なら、アーカイブもFeedで取り出せると都合いいんじゃないかな。

Feedの帯域問題もあるから、静的であった方がサーバ的には嬉しいのかも。キャッシュ機構を整えれば問題ないかな。キャッシュの有効期限を上手く調整出来れば、ね。

アーカイブだけは動的ってのもありかな。最新のFeedを静的に吐き出しておいて、アーカイブへの参照をそこに含めておく。そしたら、リレーションとかなんだとかで上手く回るかも。

あ、Feedが『変化し続けるもの』だとすると、アーカイブをFeedで表現するのは『処理系のわがまま』なのか?いや、『機械に優しい共通仕様』だっていう認識でも間違いじゃないはず。

ん?Feedって『更新』ありきだっけ?『アイテムごとにサマリをまとめられて機械処理し易い』から『更新通知』に利用し易いんだっけ?

わけわからなくなってきた。なんとなく、ここまでFeedが広まってきたら、Feedをメッセージ媒体として使ってもいい気がしてるのかも。『リソースを切り出してFeedでやり取り』かな。

使ってないけど、Podcastingでも『新しい曲目』だけが欲しい訳じゃないだろうし。むしろ、『ある条件下でのまとまり』を自分でコントロールして再生出来るべき?リファレンスとかのアーカイブも『条件を指定してまとめてFeedで受け取る』とかして、関連情報もFeedで持って来れればいいかも?

あれですね、Rails脳ならずFeed脳になってるという事です。末期かなぁ。。。

プロフィール

このブログ記事について

このページは、koshigoeが2006年8月15日 00:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「PHPRPCたのし」です。

次のブログ記事は「PHP Conference 2006より」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。