PEAR::MDB2がよくわからない

そろそろPEAR::DBじゃないライブラリを使おうと物色中。

とりあえず、どれだけ違うのか変なテストでチェック。マルチプルじゃないINSERTを10000クエリ発行してる時点で、現実味が無いんだけどこれだけ違いが出るとは思わなかった。MDB2を分かってないからかもだけど、prepareを誤って使うと時間がかかるのかな?

とりあえず、怖いのでMDB2は使わない方向で。使うにしてもパフォーマンスの検証を一通りしてからかな。後はMDB2に乗り換える理由がはっきりするまでは調査継続でいこう。

PHP5.1の環境であれば、とりあえずPDOに乗り換えるのもいいかも。PDOそのままだと(メソッドとか)ちょっと物足りないかもしれないけど、PDOベースのライブラリとかあればそれ使ってもいいし。AcriveRecordのやつでPDO使ってるのがあった気がするけど、なんだったかね。

あと、PDOのprepare(プレースホルダー)はちょっと戸惑った。サンプル見てbindParamを利用したんだけど、これ値をバインドするんじゃなくて、変数をバインドするメソッドらしい。なので、『$stmt->bindParam(':name', $name);』とするだけじゃ駄目で、実際に『$stmt->execute();』する前に『$name = "hoge";』とかして変数をセットアップしないといけない。いいのか悪いのかよく分からないけど、なんとなく面白い。

そんな訳で、PEAR::MDB2をどうしようか迷ってます。

プロフィール

このブログ記事について

このページは、koshigoeが2006年8月 7日 00:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「検索ボタンをなくしてみた」です。

次のブログ記事は「OSXでtrac+apache+mod_python動いた!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。