"C-z fg"おもしろ

| コメント(2)

今頃夏バテでダウン。とりあえず"C-z fg"で急場しのぎ。

deconの資料の中で、ジョブ制御とかいうのがあるらしいという事を知ったので試す。

きっと、サスペンドからの復帰という事なんだと思う。なので、シェルを落とすまでは復帰出来るよという事だと思う。

~% vi hoge
(viで編集して保存せずに"Esc C-z")
~% vi bar
(viで編集して保存せずに"Esc C-z")
~% fg
("vi bar"の状態が復帰。:wqで保存して終了。)
~% fg
("vi hoge"の状態が復帰。:wqで保存して終了。)

1回のfgで何個か前をたどれるのかと思ったんだけど、順にしか復帰出来ないのかな。やりかた分からず。

fgは"shell builtin commands"という事で、シェルスクリプトで使ういろんな命令の一部と同じって事なのかな?この辺はさっぱり。

何にしても、明日は自分も復帰しないとね。

コメント(2)

$ jobs
ってやるとサスペンドしているジョブの一覧が表示されます。
そんでそれぞれにジョブ番号が振ってあるのが確認出来るんで、fg %2 みたいにジョブ番号を指定してやれば好きなジョブを復帰出来ますよ。

ありがとうございます!
出来ました!

"fg %番号"でしたか。
おかげさまで1つ賢くなれました。

プロフィール

このブログ記事について

このページは、koshigoeが2006年9月11日 23:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「PHPのシンタックスハイライト(HTML)をEmacsから」です。

次のブログ記事は「dotfilesのバージョン管理をまねっこ中」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。