PHP_CodeSnifferで遊ぶ

PHPのコーディング規約をチェックするライブラリがあるようなので、遊んでみた。
PHPコーディング標準への適応状況をチェックする PHP_CodeSniffer

まずはインストール。

~% sudo pear install PHP_CodeSniffer-alpha

まだalphaらしい。インストールすると、phpcsというコマンドが使えるようになって、そのヘルプは以下。

~% phpcs -h
Usage: phpcs [-nvi] [--report=] [--standard=]  ...
      : one or more files and/or directories to check
  : the name of the coding standard to use
    : print either the "full" or "summary" report
 -n         : do not print warnings
 -v         : print verbose output
 -i         : show a list of installed coding standards
 -h --help  : print this help message
 --version  : print version information

以下は、標準で対応しているコーディング規約。まだPEARのみ。

~% phpcs -i
The only coding standard installed is PEAR

コーディング規約は自分でも増やせるらしいけど、その辺は細かく追ってなし。

で、例のごとくEmacs用に適当に書いとく。

;;; ;;; PHPファイルの規約チェック
(defun php-code-standard-check ()
  "Performs a PHP code-standard-check on the current file."
  (interactive)
  (shell-command (concat "phpcs -v --standard=PEAR --report=full " (buffer-file-name))))

会社では、デイリービルドっぽくUnitTestを毎朝自動実行してる訳だけど、併せてこの辺もやっとくといいのかな?

プロフィール

このブログ記事について

このページは、koshigoeが2006年9月23日 00:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「submit()使うときはonsubmit使わない前提で?」です。

次のブログ記事は「MacPortsのemacsって使えないの?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。