PHPのシンタックスハイライト(HTML)をEmacsから

ここのブログでごくまれにPHPのコードを貼ったりしてるけど、preでそのまま。

;;; ;;; リージョン内のスクリプトをHTML形式でハイライト表示
(defun php-source-highlight-region nil "PHP source highlight"
  (interactive)
  (shell-command-on-region
    (region-beginning) (region-end)
    "php -s"))
(global-set-key "\C-c\C-s" 'php-source-highlight-region)

"php -s"にパイプで渡せばHTMLで色を付けた結果が出力される。というわけで、適当にelisp。

最初、"php -r"みたくパイプでは渡せないと思ってPHPスクリプトをかませてたけど、どうやら渡せるらしい。

エスケープもしてくれるみたいだし、いつかPHPコードを貼付ける事があれば使ってみるかも。

<?php
if ($elisp) {
  echo 
"Emacs!\n";
}
?>

リージョン範囲を↑みたく出力。

変なバッファに書き出されるのは面倒かも。リージョン置き換えの方がいいかな。まあ汎用だって事で?

プロフィール

このブログ記事について

このページは、koshigoeが2006年9月 9日 21:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「MT3.32にup」です。

次のブログ記事は「"C-z fg"おもしろ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。